pb






新生スカパラのスタートを告げる
ドライ&ビターなニューアルバム


東京スカパラダイスオーケストラのニューアルバム『PARADISE BLUE』がリリースとなった。

スカパラは今年でデビュー20周年を迎える。
当初より、ジャマイカ発祥のスカに邦楽的な歌謡曲のメロディーを乗せた、
「東京スカ」というオリジナルジャンルを掲げ、今日まで独自のポップセンスを磨き上げてきたスカパラ。
ロックもポップもジャズも飲み込んで、裏打ち&ホーンで仕上げてしまう彼らの消化能力はハンパじゃない。
スカというジャンルがアンダーグラウンドから日本のリスナーにも馴染みあるものへと押し上げられたのは、
彼らの功績が大きいはずだ。


今回のニューアルバムは、待ち遠しかった反面、ハラハラした気持ちもあった。
昨年の7月、オリジナルメンバーでありバンドの精神的支柱でもあった、
アルトサックスの冷牟田竜之が脱退した。
この『PARADISE BLUE』は、9人となった新生スカパラの、最初のアルバムになるのだ。

結果としては非常に硬質な手触りをもつ作品となった。
『FULL-TENSION BEATERS』(’00)以降、スカパラサウンドの中核をなしたゴージャスなロックテイストが、
その生みの親である冷牟田が抜けたことでやや後方に下がり、
シンプルなスカリズムとエッジの効いたメロディーが前面に押し出された。
70年代後半のイギリスで流行したスペシャルズをはじめとする2トーンサウンドのような、
ドライな味わいがある。

 
また、ここ最近の彼らのアルバムでは珍しく、ボーカル曲がない。
たとえば前作『Perfect Future』(’08)では、
ドラム茂木欣一と元KEMURI伊藤ふみおがボーカルを務めた2曲がアルバムの序盤と終盤に配置され、
全体に華やかさを添えていた。
今回の『PARADISE BLUE』においても、<Routine Melodies>や<そばにいて黙るとき>、
サッカーの応援曲で有名な<You’ll Never Walk Alone>のカバーなど、歌詞付きの曲はあるにはあるが、
全てメンバーによる合唱であり、ボーカル曲というよりもインスト曲である印象が強い。
全体として渋い、ビターなアルバムだ。


彼らはここに来て、一度シンプルなスカバンドに立ち返ろうとしているように見える。
冷牟田の脱退、そして20周年という節目を迎え、あえてありのままのスカパラで勝負に挑んできたのだ。
僕は、1回目に聴いた時はまだ五分五分、くらいだったのだけれど、
2回目を聴き終わって完全にノックアウトされた。2ラウンドKO負けである。

最初に聴いた時には、これまでの印象との食い違いがあって、いまいちピンと来なかった。
だが2回目には一変。
個々に独立していた曲と曲が耳の中で急にくっつき始め、全12曲がひとつなぎになって聴こえてきた。
特に中盤がすごい。
4曲目<Heaven’s Door>から9曲目<Already Steady>までは、まるで怒涛のメドレーである。

とにかくブレというものがない。
これまでのようなゴージャスなアレンジをしなくたって、どんなメロディーも手なずけてやる。
ジャケットに映る彼らの姿には、そんな余裕たっぷりの自信のようなものが窺える。

『PARADISE BLUE』が聴かせるドライ&ビターなサウンドはスカパラにとって、
スカバンドとしてのキャリアの一つの到達点でもあり、新たなスタートを切る宣言でもあるのだ。







sassybestcatをフォローしましょう
ランキング参加中!
↓↓よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ