supremes





今なおキラキラ輝き続ける
モータウンが生んだ「永遠の女の子」


1960年代の米デトロイトを舞台に、女の子3人のボーカル・グループが、
全米の大スターになるまでの栄光と挫折の物語を描いた映画『ドリームガールズ』。
そのモデルになったのがこのシュープリームスだ。

シュープリームスは50年代末に結成され、
61年に当時まだ設立して間もなかったモータウン・レコードと契約しデビューを果たす。
モータウンというと、今ではジャンルやスタイルを表す言葉にまでなっているけれど、
元々はレーベルの名前である。

黒人アーティスト専門の老舗レーベル、モータウン。
R&Bやソウル、ジャズなどの黒人音楽をベースとしながらも、
耳に馴染みやすいメロディやコーラス、転調の繰り返しといったポップス王道の手法を加え、
黒人リスナーだけでなく白人マーケットにも絶大な人気を誇った、60年代を代表する一大ブランドである。
映画ではジェイミー・フォックスがオーナーを演じていた。

初期モータウンの有名なアーティストには、例えば<My Girl>で有名なテンプテーションズ、
それから<You Really Got A Hold On Me>のミラクルズ
(僕はビートルズのカバーの方を先に知ったけど)なんかがいる。
さらにマーヴィン・ゲイもいるし、スティーヴィー・ワンダーもいるし、
70年代はジャクソン・ファイヴも所属していた。

現在もモータウンはレーベルとして現役だが、何といっても黄金期は60年代。
そしてその黄金期を支えたトップグループがシュープリームスである。

グループの中心はダイアナ・ロス。
最高にキュートな声と、背が小さくて、細くて、
いつも笑顔(化粧は濃いけど)というビジュアルを持つ、「ザ・女の子!」なボーカリストである。

おもしろいのは、少なくとも現代の感覚からすると、
彼女には男性に媚びるようなアイドル的な性というものが感じられないところだ。
「恋」「夢」「素敵な明日」といったものを一貫してテーマに据えたシュープリームスの歌は、
あくまで女の子の等身大の声なのである。

例えばビートルズが当時の男の子のありのままのファッションでもって
「I wanna hold your hand!」とダイレクトな欲求を歌にして、それが同世代の心を掴んだように、
シュープリームスというグループも、徒に男性のフィクションを引き受けずに
女の子の生の声として恋や夢の歌を歌ったからこそ、大きな支持を獲得したのではないだろうか。

もちろんそういった一般アイドルとの差別化自体がモータウンの仕組んだ戦略であり、
フィクションであると言われればそれまでだ。
しかし、たとえ当初はビジネス的な作為によるものだったとしても、
半世紀近く経った今もなおベスト盤が次々とリリースされ、幾多のカバーを生んでいるのは、
やはり彼女たちの歌には「永遠の女の子」が封じ込められているからだろう。

これは後世に生きる僕の勝手な物語であるが、
60年代といえばまだアメリカ公民権運動がバリバリだった頃で、
例えばキング牧師の「I have a dream」の演説はシュープリームスがデビューして2年後のことだし、
公然と黒人差別が残っていた時代である。
そういった社会のなかで、黒人で、しかも女性というシュープリームスが、
誰にも媚びずにある種超然と「ザ・女の子」の姿勢を貫いていたのは、
自分たちのバックグラウンドへのプライドと、社会への意思表示のようにも思えるのである。

最後になってしまったが、今回紹介するのは、
64年『Where Did Our Love Go?(愛はどこへいったの)』と、
66年『I Hear A Symphony(一人ぼっちのシンフォニー)』の2枚のアルバムを1枚にまとめて収録した、
オトクというか情緒も何もないというか、そういうアルバムである。

2枚とも代表作なので絶対に損はしないと思うが、何せ彼女たちはヒット曲が多いので、
例えば<You Keep Me Hanging On>や<Stop In The Name Of Love>はここには入っていない。
そういえば<You Can’t Hurry Love>も漏れている。
オフィシャル盤、海賊盤含め、シュープリームスほどベスト盤がリリースされているアーティストも珍しいので、
ヒット曲だけをまとめて聴きたいという方はそちらがおすすめ。
個人的には06年に発売された『アルティメット・コレクション』がいいと思う。


<Where Did Our Love Go?>。日本のキャバ嬢もまだまだ甘いな、と思うこの髪形


続いて<I Hear A Symphony>を歌うシュープリームス