alphabeta





ギターが歌う
ボーカルよりも歌う


長野で結成され、現在は名古屋を中心に活動中のオウガ・ユー・アスホールが、
2007年にリリースしたアルバム。
前回紹介したヴァンパイア・ウィークエンドと同様に、
このオウガも一聴してすぐにそれとわかる、相当にユニークな音を出すバンド。
昨年、洋楽でもっともよく聴いたのがストロークスなら、邦楽はこのオウガ・ユー・アスホールだ。
一度ハマると病み付きになるサウンドで、僕はめちゃくちゃ大好きです。

メンバーは4人で、ボーカル/ギター、ギター、ベース、ドラムと、編成は極々普通のものながら、
どの楽器も一般的なロックバンドとは1,2枚位相のずれた音を鳴らしている。

まず2本のギターの絡み方が目を(耳を)引く。
和音でリズムを刻むのではなく、ギター自体が独自の旋律を追いまくる。
歌メロ以上にメロディアスなギターの音が2本合わさり、
しかも時にはそれにベースも加わり、それが歌っている最中も鳴っていて、
なんともいえない浮遊感を生み出している。

そしてボーカル。
出戸学の超ハイトーン・ヴォイスは、最初は素っ頓狂に聴こえ、
でも次第に何ともいえない愛らしさを感じるようになる。
壊れたおもちゃのようにピュアでさみしげな声は、このバンドのもっとも重要なキャラクターだ。

全体的にスキマだらけのサウンドなのだが、
そこにこちらの感情や想像力を喚起させる叙情性があり、
一見スカスカなその表面をめくってみれば、そこには実にタフな素顔が隠れているのである。
それにしても前回のヴァンパイア・ウィークエンドといい、
ハイトーンなボーカルとヘロヘロなギターサウンドの組み合わせというのが僕は好きみたいだ。

オウガ・ユー・アスホールは昨年からVAPレコードに移籍して、
シングルとアルバムを1枚ずつ発表している。
彼らの個性はいかにもインディーだなあと思っていたので、メジャーに移ったのは意外だった。

だが、メジャー1枚目となったアルバム『フォグランプ』よりも、
その前作にあたるこの『アルファベータvs.ラムダ』の方が完成度としては高いように思う。
全8曲と、ミニアルバムと呼んだほうが良いようなボリュームだが、
1曲目<コインランドリー>に始まり、うねるように登りつめる全体の構成と内容の濃さは聴き応え充分。
このバンドを聴く最初の1枚を選ぶなら断然このアルバムがおすすめだ。

余談ながら、僕はずっと彼らの曲を芝居のテーマ曲に使いたいなあと考えているんだけど、
未だ実現できていない。
(実際には『フォグランプ』の1曲目<クラッカー>という曲を前回公演でほんの少しだけ流しました)
この「フワフワ」「ヘロヘロ」サウンドを、いつか劇場の大出力スピーカーで聴いてみたいと思う。


まずはビデオ。曲は<フラッグ>


こちらはライヴ。曲は<コインランドリー>と<サカサマ>の2曲。4人の立ち位置がおもしろい。