boys on the run movie





走れ!!
僕らのイケニエとして


現在公開中の映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』を観に行った。
同名コミックの映画化作品で、2006年に岸田國士戯曲賞を受賞した
ポツドールの三浦大輔が脚本・監督を手がけている。
主演は銀杏BOYZの峯田和伸
僕は、この峯田が演じる主人公、田西(たにし)を見ていて、切なくて仕方なかった。

あらすじは――不器用で口下手で、何かと空回りの多い29歳の営業マン田西は、
同僚のちはる(黒川芽以)に思いを寄せている。
ライバル会社の青山(松田龍平)の手を借りて、なんとかちはると親密になれた田西だったが、
ある事件をきっかけにちはるに軽蔑されてしまうことに。
その後、ちはるは青山と付き合い始めるが、妊娠させられた挙句捨てられてしまう。
それを知った田西は、青山に決闘を申し込む。

冴えない男が恋をきっかけに成長していく、というのは物語の定石の一つだが、
この『ボーイズ・オン・ザ・ラン』は、そういった一般的なビルドアップ・ロマンスとは異なっている。
なぜなら、最後まで田西には救いというものが訪れないからだ。
救いとは「彼は、明日からきっと(ほんの少しだとしても)幸せな人生を送るだろう」という予感のことである。
それがこの映画にはない。
田西はタイトルの表すとおり、ひたすらガムシャラに走りまくって、
その過程でボロボロに傷つきまくるだけなのである。切ないのだ。

田西というキャラクターには吸引力がある。
だがそれは、彼の不器用さやかっこ悪さがいじらしいからではない。
彼のちはるを思う気持ちに魅かれるのだ。
劇中、田西は言う。
「おれ、本気になれるの、ちはるさんのことだけだった」と。
この台詞がえらく心に沁みる。

本気になれるということは、エネルギーを注ぎ込める何かを持っているということだ。
だが、その何かを見つけるのは、実際にはひどく難しい。
いかに多くの人が本気になれる何かを見つけられず、エネルギーを持て余しているのかは、
趣味的な資格試験の受験者の増加や、満員続出のカルチャー・スクールの習い事教室を見れば明らかだ。

エネルギーのハケ口としてもっとも手っ取り早いのは恋愛だ。
しかし、本気で人を好きになるのは、それはそれで難しい。
大人になればなるほど、気持ちは自然とコントロールできてしまうし、
傷つかないように演技をすることも上手くなる。
田西ほど女性に対しておっかなびっくりな人間は現実には稀だが、
それはこのキャラクターがリアルでないということではなく、単に現実の僕らが処世術に長けているにすぎない。だからこそ「本気」という言葉を口にできる田西に魅かれてしまうのだ。

しかし、田西は結局は報われない。
たとえ本気になっても、良い結果が訪れるとは限らないとこの映画はいうのである。
「ちょっとくらい田西に良い目を見させてやれよ」と思う。
だがその一方で、もしこれが明快なハッピーエンドであったなら、
果たして僕はこの映画に魅かれただろうか、とも思う。
ちはると結ばれたり、青山をボコボコにしてやっつけるようなラストであれば、
スカッとはするだろうが、リアルは感じない。
そう簡単に報われたら、こちらとしてはたまったもんじゃない。
簡単に報われないからこそ、大人は本気になりたくてもなれないのだ。

田西は観客のリアルを一身に背負い、
ある意味観客の人身御供として、本気で人を好きになり、本気で傷だらけになる。
そして、何もかもが無惨な結果に終わりボロボロになった田西は、街の中を全力疾走する。
涙を拭い払うためなのか単なるヤケクソなのか、田西が走りながら何を考えているのかはわからない。
ただ、そんなボロボロになっても人は全力で走れるんだという、奇妙な感動がある。
その田西の走る姿を映して、映画は終わる。

田西を演じる峯田和伸の存在感は圧倒的。
名演を通り越して“絶演”とも言うべき壮絶な芝居を見せており、
彼を観るためだけでも映画館に行く価値があると思う。
早くも今年の最高傑作の1つに出会ってしまった。


『ボーイズ・オン・ザ・ラン』予告編