RC best





ぼくもロックで
大人になったんだ


一昨日(28日)の深夜にNHKで忌野清志郎の特集番組をやっていたんだけど、
見た人いますか?
そろそろ寝ようかなという時間で、見たのも途中からだったんだけど、
結局夜中の2時半までテレビにかじりついてしまいました。

タイトルは『ぼくはロックで大人になった~忌野清志郎が描いた500枚の絵画~』。
忌野清志郎の生涯を、音楽、そして彼が描いてきた絵画と絡めて振り返るドキュメンタリー番組である。
彼は元々絵を描くのが好きで、高校時代は美術部に所属していたほど。
その時の顧問が「僕の好きな先生」のモデルになった小林先生である。
ミュージシャンとしてデビューしてからも折に触れて描き続け、膨大な枚数の絵を残した。
絵は音楽と同じくらい、清志郎の人生にとって重要なファクターだったようである。

デビュー前の、まだ将来を模索していた頃に書かれた自画像。
RCサクセションの絶頂期に殴り描いたマンガ。
2人の子供を描いた絵。
闘病中の自画像・・・。
どの絵にもその当時の心情や葛藤が透けているようで、
人間・忌野清志郎の横顔を垣間見たような気がした。

絵をあまり積極的には描かなかった時代もあるようだ。
デビューして数年後、バンドの人気が低迷し仕事がない、清志郎20代前半の頃。
絵を描くかわりに、彼は当時こまめに日記をつけていた。
どん底時代であるから、当然内容は明るいものであるはずがない。
先の見えない不安や理解を得られないことへの苛立ち、それでも夢を信じ抜こうとする強い意志。
様々な感情がノートを混沌と埋めていた。

当時の清志郎にとって大きな心の拠り所だったのが、フィンセント・ファン・ゴッホだった。
曰く、「ゴッホは永遠のロックスター」。
ゴッホはその生涯でたった一枚しか絵が売れなかった。
あの激しいタッチと色使いには、不遇な状況に対する怨嗟の声のようにも見える。
不屈の画家ゴッホには、確かにロックに通じるものがあるかもしれない。

ゴッホの絵。
清志郎の絵。
それらの絵画を眺めながら、僕はロックのことを考えていた。
清志郎の日記を読んでロックを考え、清志郎のインタビュー映像を見ながら、僕はロックを考えていた。
「ロックってやっぱいいなあ」と考えていた。
そんなこと、もう100億回くらい考えてるんだけど、性懲りもなくまた泣けてきた。

ロックは僕を支えてくれる。不完全だからこそ支えてくれる。
ロックは愛を歌う。でもその裏には傷ついた心がある。
孤独を怖れるなと叫ぶ一方で、寂しさに軋む心がある。
高貴な精神を持つ一方で、足元には俗物根性が転がっている。
優しさがあり、同時に暴力がある。
ロックは矛盾だらけで、あちこちひび割れている。
でも、だからこそ僕はそこから勇気を得ることができる。
気持ちを癒し、鼓舞することができる。
清志郎もきっとそうだったんじゃないかなあ、なんて思う。

2010年は僕にとって20代最後の年だったんだけど、
ロックを聴く量は明らかに昔よりも増えている。
大人になったらクラシックやジャズに移るのかと思ってたけど、少なくとも僕は違ったみたいだ。
もうすぐ30歳というのに、ロックを欲してやまない気持ちは、まだ当分消えそうもない。





sassybestcatをフォローしましょう
ランキング参加中!
↓↓よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ