ちょっと時期が過ぎちゃいましたが、
今年の箱根駅伝について感想を書こうと思います。

優勝は日本体育大学。
昨年は学校史上最低の19位で、
しかも復路の8〜9区ではタスキがつながらないという「どん底」を味わった学校が、
わずか1年で頂点に上り詰めるという、
この上なくドラマチックな優勝劇でした。

日体大は予選会では1位通過でしたし、
上位に食い込む可能性は十分あると見られていましたが、
やはり総合力という点では、良く言っても「大穴」「ダークホース」的な存在に過ぎませんでした。
そんな日体大が、東洋や駒澤をはじめ並みいる強豪校を制してしまうなど、
誰が予想していたでしょうか。
(ちなみに僕は優勝は東洋だと思ってました)


大会後、いろいろな記事が各メディアに載りましたが、
僕が一番納得できたのは、「web Sportiva」に載ったこの記事でした。
【箱根駅伝】有力校に誤算続出。日体大30年ぶりVの要因は?

記事にも書いてあるように、
僕もテレビを見ていて「ううむ」と唸ったのが、日体大の「安定力」。
区間1位を取った選手こそ5区の服部くん(3年)だけだったものの、
最も悪い区間でも区間7位。あとは区間4位以上。
つまり、「10人・10区間で最後までブレがなかった」ことが最大の勝因と言えそうです。
優勝候補の東洋や駒澤は、区間によってブレが大きかったことと比べると、
日体大の安定したレース運びには、
昨年の優勝校・東洋が放っていたような「優勝者のオーラ」が漂っていたように思います。

では、日体大がこのまま来年も優勝候補最右翼になるかというと、
僕はそう簡単にはいかないんじゃないかと思います。
というのは、今年の日体大の強さの原動力になっていたのは、
昨年19位に沈んだという「悔しさ」だったと思うからです。
日体大は昨年の大会直後に異例の3年生主将を抜擢し、
練習だけでなく寮での生活のレベルから見直すなど、
徹底的な「改革」を実践したそうです。
このことが、今回の勝因である「安定力」につながったわけですが、
そこまでドラスティックに生まれ変われたのも、
「もう後がない」という背水の陣的な危機感が共有されていたからでしょう。
挑戦者として過ごした昨年とは打って変わり、
優勝校として過ごす今年1年を、どれだけ高いモチベーションで臨めるか。
これはけっこう難しいことなんじゃないかなあと思います。
(日体大の別府監督自身も「連覇?そんなのムリ!」と言ってました(笑))

でも、日体大の選手たちは、
インタビューに答える様子とかが朴訥としていて、
とても可愛いですね(笑)。
それに比べると、昨年の東洋大のメンツの、なんと都会的なことか!
テレビに出て萎縮するどころか、笑いを取ってましたからね!
あくまで僕個人のイメージの話ですけど、
日体大は「昔ながらのスポーツ学生」的雰囲気を残す最後の大学という気がします。

それにしても、今大会ほど「学生スポーツ」ということを感じた大会はなかったかもしれません。
言わずもがな、今年は箱根史上最大のスター・柏原竜二がいませんでした。
彼がいた4年間(正確に言えば2年生以降の3年間)は、
各校はとにかく柏原を何とかしなきゃいけないということで、
彼の存在を前提にした戦略を取らざるをえませんでした。
まさに、彼が引っ掻き回し続けた4年間でした。

その柏原が、卒業しました。
どれだけ強い選手でも、「卒業」という運命からは逃れることができないのが、
学生スポーツの残酷さ(面白さ)ですね。
当然、東洋は柏原が抜けた穴を埋めなければならない。
(後を継いだ5区・定形くん(3年)には拍手を贈りたい!重圧は凄かったろうに……)
逆に他校は、重しが取れて自由な戦略を取れるようになる。
駒澤が、過去2年間は復路に起用していたエース・窪田くん(3年)を、
今年初めて2区に起用したのは象徴的でした。

もっとも、今大会は強い向かい風などもあり、
各校が練りに練った戦略はあまり奏功しませんでした。
その点でも、「優勝しようと思うな!」「自分の走りに集中しろ!」という、
挑戦者ゆえの控えめなポリシーを貫いた日体大の方に、
逆に分があったのでしょうね。


さて、優勝は日体大でしたが、
2強とされた東洋・駒澤はさすがの2位、3位。
そして4位に食い込んだ帝京や、
何度も快走を見せた明治、
昨年出雲駅伝を制して急速に力をつけてきている青学、
粘りに粘ってシード権を獲得した法政など、
中堅校の台頭には目を見張るものがあります。
また、途中棄権により28年間続いてきたシード権獲得を逃した古豪・中央大学も、
今年の日体大がそうだったように、
悔しさをバネにして来年一気に上位に食い込む可能性もあるでしょう。

群雄割拠、混戦必至の「ポスト柏原時代」の始まりを告げる、
非常に見ごたえのある2013年箱根駅伝でした。


※「NAVERまとめ」に箱根駅伝絡みの面白い記事がありました。
ジョジョ立ち、フリーザ様…今年も色々あった箱根駅伝を振り返る
【明日俺が巻き返す】2013箱根駅伝 中央大学・代田修平のツイートが泣ける【心の襷はつながってる】





sassybestcatをフォローしましょう
ランキング参加中!
↓↓よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ