news_xlarge_happy_jkt201707

成長や進化なんていう
能天気な言葉は使いたくない


 京都出身の5人組、HAPPYの1stフルアルバム『Hello』は、僕にとっては100点満点といっていいアルバムでした。リリース時にこのブログでもがっつりと書きましたが、「この人たちは僕のために曲を書いてるんじゃないか?」と感じるくらいに、全ての音がピタッとハマりました。その快感といってもいい感覚は、3年経った今聴き直してみても変わりません。

 そうなのです、もう3年も前なのです。『Hello』が2014年。その次のリリースが翌15年の春に出したEP『To The Next EP』。ライブハウスもどんどん大きくなってきていたし、露出も増えていたし、そこからメジャーレーベルに移籍するという噂もありました(実際そういう話はあったそうです)。ところが彼らは、そこから突如長い沈黙の期間に入りました

 16年1月に<Count Your Memory>、同年6月に<Mellow Fellow>と、SoundCloudやYouTubeに新曲が公開されたことはありましたが、いずれも単発のみ。ライブ活動も、メンバーが個々にソロで出演することが増えてきて、「バンドとしてはこのまま終わるのかなあ」なんて思ってました。

 なので今年7月、CDリリースとしてはおよそ2年ぶりとなるミニアルバム『Stone Free』が発表されると聞いたとき、真っ先に感じたのは「嬉しい」というよりも「安心した」という気持ちでした。販売はHPからの注文とライブ会場の物販のみで、レコード店や通販サイトでは取扱いなし。かつてよりもさらにDIYでインディーなスタイルですが、手貼りの宛名シールの封筒で彼らの事務所から直接CDが届くのは、なんか温かみがあって、久々のリリースとしてはむしろ理想的な配布形態だった気がします。

 んで、『Stone Free』です。素晴らしいアルバムでした。めちゃくちゃ良かった。曲が良いっていうのはもちろんなんですが、アルバム全体からHAPPYというバンドが新しいステップに進んだことが強く伝わってきました

 それがもっとも端的に表れているのが、1曲目の表題曲<Stone Free>

 まず一つは、かつてよりも生音が重視されていること。冒頭いきなり聴こえてくるのがサックスの音という時点で、早くも『Hello』との違いに驚くはずです。彼らの代名詞だったキーボードも使われているのですが、その音の響き方はかつてよりもずっとくすんでいます。エレクトロポップ色が強かった前作までを思うと、まさか「ローファイ」という印象をこのバンドに対して抱くことになるとは

 もう一つは、BPMが遅いこと。これは16年の<Count Your Memory>や<Mellow Fellow>の時点から始まっていた変化ですが、<Stone Free>の放つ粘っこいグルーヴは、それがたまたまではなく意図的なものであったことを証明しています。

 遅いっていうだけならこれまでも<To The Next>や<Color>といった曲がありましたが、どちらもバラードであり、当時のHAPPYのなかではあくまで亜流でありアクセント的な存在でした。しかし、<Stone Free>がリードトラックであり表題曲であることに表れているとおり、今作では遅い曲をポップチューンに昇華させているところがこれまでと大きく違います

 これら2つの大きな変化によって、アルバムはトータルとして、『Hello』よりもグッと重たく、サイケデリックな印象を与えます。試しに『To The Next EP』のリードトラック<R.A.D.I.O.>と<Stone Free>を聴き比べてみると、まるで華奢で髪もサラサラだった高校生の少年が、いつの間にか汗の匂いを漂わせる大人の男に変わっていたような、親戚のおじさん気分を味わえます。


 んで、僕は彼らの変化を、ものすごく肯定しています。理由は2つ。

 一つは、15年の『To The Next EP』の時点で、僕は正直、これ以上このバンドがエレクトロポップ路線に走っていくとついていけないかもなあと危惧していたこと。なので、今回の変化は僕にとって歓迎すべきものだったし、おそらくバンド自身も、もうエレクトロポップ路線はないだろうと考えてたんじゃないかと想像します。

 もう一つは、確かにサウンドは大きく変わりましたが、ちゃんと(というのも変ですが)<Lucy>や<Lift This Weight>のような素晴らしいメロディセンスや愛嬌のあるポップネスが感じられるところ。おそらくこれこそがHAPPYというバンドの変わらない個性なんだろうと思います。そういう意味でいえば、僕にとってHAPPYは「変わってない」のです。

 Stone Freeという言葉には「束縛やしがらみ(=Stone)からの解放(=Free)」といった意味があるそうです。そして、アルバムのタイトルがこの言葉になった背景には、メジャーレーベルからの誘いがあったものの「このままメジャーへ行っても自分たちがなりたいバンドになれないんじゃないか?」という疑問(おそらく前述の、飽和気味だったエレクトロポップ路線を期待されていたという意味なんじゃないかと想像してます)がありました。

 この作品はいろんな真理を示唆しているように思います。自分の思ったとおりの自分になるためには、誰かの力はあてにできないこと。自分だけの力による、長い時間の地道な努力が必要なこと

 僕は、「成長」や「進化」なんていう言葉をこの作品に対して使いたくない。成長や進化という言葉には、結果のみを見て、「全てのものは良くなるはずだ」という能天気な前提で作られたストーリーにあてはめようとする浅はかさがあるからです。成長した、進化したという評価には、その過程にある痛みが抜け落ちているように思います。だから僕は、やはりタイトルにならって、HAPPYが前よりも「自由」になった作品と呼びたい。彼らが誰の力も借りずに、実際に自分たちの足で歩くことで、「自分たちはこういう場所にもいけるんだ」ってことを示して見せた作品だと思います



HAPPY公式HPオンラインストア




sassybestcatをフォローしましょう
ランキング参加中!
↓↓よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ